SankeiBizピックアップトーク

2016.8.9

【産経抄】8月9日(音読:佐藤友紀)

「皇后さまと、ゆっくり過ごしていただきたい。心から願うとともに、もう一つの思いも消えない。たとえ公務がかなわなくなっても、天皇陛下のままでいていただきたい」。・・・(音読:佐藤友紀

 産経抄記事 

産経新聞1面のコラム「産経抄」を、局アナnetメンバーが毎日音読してお届けします。

[haiku url=1608091.mp3]

SankeiBizピックアップトーク

2016.5.22

【産経抄】5月22日(音読:辻瑠奈)

都会の人と地方の人がレストラン「日本」で同じ料理を食べた。都会の人は千円、地方の人は200円を払い、店からは「毎度どうも」と等しく感謝され…。「一票の格差」も理屈は同じと、井上ひさしさんが昔日のエッセー『清濁併呑(へいどん)』に書いていた。・・・(音読:辻留奈

 産経抄記事

産経新聞1面のコラム「産経抄」を、局アナnetメンバーが毎日音読してお届けします。

[haiku url=1605221.mp3]

SankeiBizピックアップトーク

2016.3.28

【産経抄】3月28日(音読:辻瑠奈)

1920年に発足した国際連盟は、ウィルソン米大統領が提唱したものだ。ただし、肝心の米国は加盟を見送った。いわゆる「モンロー主義」に共鳴する議会が拒絶したからだ。第5代大統領モンローの名に由来する孤立主義は、米国の伝統的な外交政策のひとつである。・・・(音読:辻留奈

 産経抄記事

産経新聞1面のコラム「産経抄」を、局アナnetメンバーが毎日音読してお届けします。

[haiku url=1603281.mp3]

SankeiBizピックアップトーク

2016.3.16

【産経抄】3月16日(音読:塚本美也子)

「グラウンドにはゼニが落ちている」。「南海ホークス」の黄金時代を築いた「親分」が残した、あまりにも有名な言葉である。鶴岡一人監督は、日本シリーズで、巨人を打倒するのを悲願としてきた。・・・(音読:塚本美也子

 産経抄記事

産経新聞1面のコラム「産経抄」を、局アナnetメンバーが毎日音読してお届けします。

[haiku url=1603161.mp3]

SankeiBizピックアップトーク

2016.2.28

【産経抄】2月28日(音読:佐藤友紀)

アイデアとは何かの拍子に像を結ぶものらしい。フランスの哲学者デカルトはある日、部屋の中でハエの羽音を聞いた。見れば天井と2つの壁に囲まれたひと隅を、忙しく飛び回っている。X軸、Y軸、Z軸の図が浮かんだのはそのときだという。・・・(音読:佐藤友紀

 産経抄記事

産経新聞1面のコラム「産経抄」を、局アナnetメンバーが毎日音読してお届けします。

[haiku url=1602281.mp3]

SankeiBizピックアップトーク

2016.2.23

【産経抄】2月23日(音読:辻瑠奈)

京都・山科の山林で、旅の途中の若夫婦が盗賊に襲われる。現場には、夫の死体だけが残されていた。一体、誰が殺したのか。盗賊と妻、そして夫の死霊も、巫女(みこ)の口を通して語っている。・・・(音読:辻留奈

 産経抄記事

産経新聞1面のコラム「産経抄」を、局アナnetメンバーが毎日音読してお届けします。

[haiku url=1602231.mp3]

SankeiBizピックアップトーク

2016.2.1

【産経抄】2月1日(音読:峰田雅葉)

水は0度以下になると氷になる。しかし、温度がゆっくり下がっていくと、氷点下でもある程度まで液体のままでいられる。このような「過冷却」と呼ばれる状態になった雨のしずくが、何かにぶつかるなど刺激を受けた瞬間に、凍り付く。・・・(音読:峰田雅葉

 産経抄記事

産経新聞1面のコラム「産経抄」を、局アナnetメンバーが毎日音読してお届けします。

[haiku url=1602011.mp3]

SankeiBizピックアップトーク

2015.12.31

【お知らせとご挨拶】年始の記事掲載につきまして

いつも局アナnetチャンネルをご覧いただきありがとうございます。

年始の掲載につきましては、1月4日から開始いたします。

なお、「産経抄」の音読は1月1日~3日分を4日朝に

公開させていただきます。

新年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

SankeiBizピックアップトーク

2015.10.31

【SankeiBiz】若者よ集え! 古長屋を宿泊施設に(山梨)

リポーター:渡部郁子(FM-FUJI出身)

富士山の玄関口、山梨県富士吉田市に7月、商店街の古長屋から簡易な宿泊施設に生まれ変わった「hostel & salon SARUYA」(サルヤ)が誕生しました。運営しているのは、空き家問題の解決をテーマに数々のコミュニティスペースを生み出してきた赤松智志さん(26)です。総務省が取り組む「地域おこし協力隊」として同市で活動しています。このサルヤが好評で、オープンから3カ月、富士登山シーズンには平日も含め多くの宿泊客でにぎわいました。特徴は・・・(続きはSankeiBiz記事にて)

 

※局アナnetの会員が毎週火曜日に週替わりで連載している、フジサンケイビジネスアイのコラム「特選!ふるさと元気の素」記事と関連動画をご紹介しています。

 

SankeiBizピックアップトーク

2015.10.25

【産経抄】10月25日(音読:辻瑠奈)

神道では、神霊を祭る場所を「奥津城(おくつき)」と呼んだ。万葉集に「…奥津城は著(しる)く標(しめ)立て人の知るべく」とある。「標」とは禁忌を示す境界線で、しめ縄を指す。縄には3本、5本、7本とより合わせたワラを垂らすことから、七五三に縄と書いて「七五三(しめ)縄(なわ)」と読むのがおもしろい。・・・(音読:辻留奈

 産経抄記事

産経新聞1面のコラム「産経抄」を、局アナnetメンバーが毎日音読してお届けします。

[haiku url=1510251.mp3]