JKN Press

産経抄

2018.10.7 NEW!

【産経抄】10月7日(音読:加藤亜衣子)

わが家にはこの夏、2週間ほど居候の客がいた。どこから来たのか、壁と棚の隙間を出入りしていたのは幼いコオロギである。「ろくな食べ物もなかろう」と同情を催し、庭草に放してやった。虫のすだきを耳にする度、草陰に消えた小さな命を思い出す。・・・(音読:加藤亜衣子

 産経抄記事