JKN Press

産経抄

2018.4.11 NEW!

【産経抄】4月11日(音読:鈴木春花)

作家の三島由紀夫は、昭和22年に大蔵省(現財務省)に入省するものの、創作に専念するためわずか8カ月で辞める。強く引き留めたのが、後に「大蔵省のドン」と呼ばれる長岡実さんだった。ともに東大法学部を出た同期生であり、父同士が旧制一高の同級生という因縁もあった。・・・(音読:鈴木春花

 産経抄記事